インプラントがしっかり固定されないというアクシデント

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。
また、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。