基本的な健康意識が土台に、三食規則正しく、バランスよい食事改善法を取り入れる。

便秘解消の為に取り入れていた食事の期間は、3カ月~半年くらい続けていました。便秘解消の為に食事改善をして良かったかどうかは、まぁ少しめんどうという不満はあるが満足度の方が高いものでした。
 私が続けて効果が実感できたおすすめの食事方法は、多忙な人は、なかなか続けることが難しいことですが、ごく当たり前のような食事のしかたでした。朝・昼・夜と1日3回の食事を規則正しくとり、なるべく毎食に果物、野菜、穀類をバランスよく取り入れることです。朝食など一食を抜いたり、有る食事を惣菜パンだけに済ましてしまったたり、極端に食べることや、夜遅い時間帯や不規則な間隔で食事をとると、腸内に負担がかかってしまいます。ベルブラン
食物繊維をとろうとイモだけバナナだけといった一種類を大量にとるなど一点集中的に食べるのではなく、果物、野菜、穀類などをちょっとずつバランスよく組み合わせたメニューをこころがけ、朝・昼・夜と1日3回の食事を規則的な時間帯にとるというサイクルと繰り返し続けていくと、消化器官の間隔が整い、腸内のリズム体内時計ができ朝から自然とやさしいお通じがくるようになりました。発酵食品であれば味噌・漬物・納豆、そして乳酸菌が多く含まれているヨーグルト・チーズなどの乳製品は、レンコンやニンジンなどかための食物繊維をとったときでも消化を助け、腸内環境をととのえてくれる働きがあるので、一日一回以上は取るようにしていました。また、食事や食べ物に意識しがちですが、朝起きたらカーテンを開けて光を浴びる、夜更かしを控えるなど規則正しい生活で体内時計を整え、適度な運動や十分な睡眠、気晴らしをしてストレスをためない気持ちの持ちようを心掛けるといった基本的な健康意識が土台になっていることも再確認することがたいせつです。

私のウォーキングダイエットとミドリムシサプリでの3ヶ月ダイエット体験談

30歳を過ぎ、鏡に写った自分の体型に幻滅…体重が増加し始めてきました。20代の頃は少し食事制限をすれば5キロぐらいはアッという間に痩せる事が出来たのに、30歳を越えると食事制限だけではなかなか痩せませんでした。少し痩せた思っても今度は体力や免疫力も低下し、肌の質も悪くなり…中性脂肪の数値やコレステロール値も下がらず悩みました。

そんな中で痩せてかつ体力も保ちながら健康的にダイエットする方法を考え、ウォーキングと今話題のミドリムシサプリを取り入れてみました。家族の協力も借りて一念発起で夫の自転車の後をおいかけるように歩いています。幸い夫は自転車初心者なので、なんとかついていけます。

i-podで音楽を聴きながら30分から60分ほど午前中と夜に歩き始めてました。まだまだ目に見える変化からはほど遠いですが、気分が爽快で、ストレス軽減の効果があるような気がしてます。
結果を出すには3ヶ月はかかると思っているので最低でも1ヶ月は頑張って続けないとと自分に言い聞かせました。健康の為には3ヶ月で10キロは落としたい‼同時に飲み初めたミドリムシサプリは私の体に合っていたみたいで、飲み続けて、3日目に便通が良くなったのはすぐに感じられました。

そういえば、以前より体も疲れにくくはなったと思います。やっぱりアミノ酸やビタミンなど栄養のバランスがとれているのがミドリムシサプリのすごいところ!気になる中性脂肪も悪玉コレステロールも減少。
ウォーキングは無理をせず体調に合わせて時間を短縮したりしましたが、結果3ヶ月で8キロの減量に成功し、ミドリムシサプリの効果もあり以前よりも疲れにくくなったと更に実感しています。黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

遺伝子の分野まで…今日ジリジリが仕事以外でどんどんきてる????

ぼくは今まで10時期近辺窓口業務として働いています。
来客浴びる顧客は色々な類がいらっしゃいます。
アマチュアの頃は仕事をすることが精一杯で近辺が見えていなかったのですが、3時期ほど経つと来客浴びるユーザーのフィーリングやオリジナルなど見えるようになってきました。
ぼくはかつてヤツ分析が大好きだったので、商いも苦ではありませんでした。
窓口の我らにもすごく腰が少なくたえず丁寧な愛想のヤツや、どんな人にもひどくフレンドリーに接していて人員ともすごく和気藹々と商いを進めて行くヤツ…
その中でトップ印象的だった顧客がある。
その名も“腹黒父ちゃん”…。
窓口の私達の間では“腹黒父ちゃん”といった密かに呼んでいました。
腹黒父ちゃんは某中小企業の社主で、私の勤める職場の常務と昔からの商い助っ人ということもあり、働き手皆さん主人の傍若無人なやり方にも我慢しなければいけませんでした。
我ら窓口には横柄なやり方をとり、アマチュアの人は主人のいう“可愛がり”が不愉快で泣いてしまう人もいるくらいでした。
同期の営業も、腹黒父ちゃんという仕事をするって週でげんなりしてしまうほどワガママで無理をつきつけられて、出来ないと厳しく怒り狂うんだって溜息をついていました。
そんなやり方ばっかり取っていても、常務の昔からの近く…。
常務の前部ではしょっちゅうにこにこ笑みの腹黒父ちゃん…。
こんな厳しいことをしてるは知らないので、常務からは腹黒父ちゃんの商いに協力するようにとのお達しすら出るように。
私達ももう我慢の限界に達してきた頃、おんなじ窓口の人が離婚するか断ち切るかで耐えるといったネゴを通じてきました。
その時に主人が取り出したのがICレコーダー。
彼との話を採録したものを拠り所として残して離婚するところ多少なりとも優位にのぼりたいといった話してました。
今まで、ぼくには無縁だったICレコーダー…。
なのでピーンだと思いついたのです!
こういうICレコーダーとして、あの腹黒父ちゃんの正体を暴けないか?
ぼくは同期のあなたを揃え、こういう手段をネゴした。
一丸最初は心配みたいだったが、我慢の限界に達して頂けあって、最後には職場を諦める決心でこういう手段を利用しようと応対チームワークしたのです!
次の日から腹黒父ちゃんが来社する前にみんなで綿密に対話を行ない、暴言や無理をICレコーダーに採録していきました。
腹黒父ちゃんは採録やるなんて全然解るハズもなく、相変わらずのやり方を取っていました。
私達はそれこら起こることになんだかワクワクしていたので、何を言われてもぜんぜん大丈夫になっていました。
それから約1カ月後半。
私達は数々の拠り所をまとめ、常務宛に匿名で郵便しました。
郵便して週…2週…、常務が何か動いている様子がありません。、
我らが送ったことがばれたのかと、これから辞表を提出しないっていけないかもしれないと、真ん中諦めていました。
そんな時、久々に腹黒父ちゃんが来社したのです!
腹黒父ちゃんは痩せてしまい(根っからふくよか姿勢だったので、痩せたと言っても小太りになった程)、窓口にきて我らに敬語で話し、トボトボと常務室へと消えていきました。
どうも我らが密告した今までの悪事に常務が驚がくとショックを受けて、今後一切商いの取り引きをしないか、働き手に関して今までしてきた手強いやり方をきちん改めるかどちらかに決めろって決心を迫られたみたいでした。
実質、腹黒父ちゃんは私達のやり方を改めるという決心を通じて今後は主人の手下が専任を引き継ぐ先なったと聞きました。
常務は今までの腹黒父ちゃんのやり方や傍若無人なやり方に関して、働き手に対して粛々とわびしこれからも会社につきにより却って頑張って働いてほしいといったおっしゃっていました。
私達はようやくお話が解決してホッとし、お疲れ様会を変わりました。
俺、昔から引っ込み思案で誰かの後方に常にいた類でしたが、己あんな積極的に事象を進められることができるようになっていた事に驚きました。
嘘のような本当の話…。
ぼくにおいて一生忘れられない、ある意味望ましい諳記になったイベントでした。http://kimonokaaitori.xyz/