基本的な健康意識が土台に、三食規則正しく、バランスよい食事改善法を取り入れる。

便秘解消の為に取り入れていた食事の期間は、3カ月~半年くらい続けていました。便秘解消の為に食事改善をして良かったかどうかは、まぁ少しめんどうという不満はあるが満足度の方が高いものでした。
 私が続けて効果が実感できたおすすめの食事方法は、多忙な人は、なかなか続けることが難しいことですが、ごく当たり前のような食事のしかたでした。朝・昼・夜と1日3回の食事を規則正しくとり、なるべく毎食に果物、野菜、穀類をバランスよく取り入れることです。朝食など一食を抜いたり、有る食事を惣菜パンだけに済ましてしまったたり、極端に食べることや、夜遅い時間帯や不規則な間隔で食事をとると、腸内に負担がかかってしまいます。ベルブラン
食物繊維をとろうとイモだけバナナだけといった一種類を大量にとるなど一点集中的に食べるのではなく、果物、野菜、穀類などをちょっとずつバランスよく組み合わせたメニューをこころがけ、朝・昼・夜と1日3回の食事を規則的な時間帯にとるというサイクルと繰り返し続けていくと、消化器官の間隔が整い、腸内のリズム体内時計ができ朝から自然とやさしいお通じがくるようになりました。発酵食品であれば味噌・漬物・納豆、そして乳酸菌が多く含まれているヨーグルト・チーズなどの乳製品は、レンコンやニンジンなどかための食物繊維をとったときでも消化を助け、腸内環境をととのえてくれる働きがあるので、一日一回以上は取るようにしていました。また、食事や食べ物に意識しがちですが、朝起きたらカーテンを開けて光を浴びる、夜更かしを控えるなど規則正しい生活で体内時計を整え、適度な運動や十分な睡眠、気晴らしをしてストレスをためない気持ちの持ちようを心掛けるといった基本的な健康意識が土台になっていることも再確認することがたいせつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です