A5三つ折りにミウラ折り、覚えておくと便利な「頑強法」????

健康の結果、通常ココナツオイルを呑み、毎朝特製ドリンクを作っています。旦那は既に60価格後半。10年ほど前に心臓発作を起こし、心臓の周りの血管を広げるステンツを入れました。担当のドクターからは、高コレステロールによる血管の詰まりといった、痛手が重なった実績の発作と聞きました。
それ以来製法された薬、コレステロール降下剤ですスタチンを服用していましたが、反作用が醜く、とにかく筋肉の苦痛は気の毒なほどでした。聞くところによると、スタチンは百害あって一利だけのようです。一利はもちろんコレステロールの降下だ。とはいえ、反作用が不満で薬をやめてしまうといった、次の血診察ではコレステロール急増。薬を飲めが全体がきついし、やめればコレステロールが上がってしまい困っていました。食物に気を付け動作を通しても、薬が絶えるほど点数が下がるわけではありません。
薬に頼らず、普段の食物や動作の他に何か効果てきめんなスーパー食物はない小物か、といった調べた実績、どうもココナッツオイルが好ましいようです。服用も簡単ですし、さっさと始めました。寝起きの腹が空っぽの時に盗るのが至高適正のようで、大さじ一杯。その後頻度を開けて、空腹時に一年中全3回飲んでいます。
おドクター様には内緒で、試しに1か月薬をやめました。毎日大さじ3杯のココナツオイルが効いているか確かめたかったのです。薬をやめた後の診察の結果、230あった悪玉コレステロールは、誠に180にまで下がっていました。食物も動作もこれまでとおんなじだったので、ココナツオイルとしか考えられません。これから1か月薬なしで心がけると、再度点数は低くなっていました。
それ以来、身体に良いオイル、に拘り始めました。油性の染みは油で減らす、ですね。
クッキング用の油も一切、オーガニックのエクストラバージンオリーブオイルに変えました。ココナツオイルも別途使っています。ポイントは、低温圧搾のものを選ぶ地。
今挑戦中がアボカドだ。しかも材質もまるっきり。
アボカドの材質は、実力としてアボカドの実全体の18百分比をだそうです。だが全体の実の養分の70百分比を占めているとのこと。捨ててはもったいないですよね。
抗酸化威力なんかも、いつも召し上がるグリーンの地点よりも相当厳しいクオリティで期待できるみたい。その他、咀嚼を促したり、がんを護衛したり、血管のお扶養の任務をしたり。うちの旦那にもってこいなのですが、彼、アボカドが大の苦手なんです。なので考案したのが、ドリンクに入れちゃえ、だ。これまでの毎朝旬の野菜を取り入れた野菜ドリンクを作っていましたが、ここにアボカドを材質たび注入することにしたのです。それに加える最近の原料は、キュウリ、ルッコラ、レモンだ。繊維も一緒にとりたいので、ジューサーではなく、ブレンダーを使います。水を使うという栄養素が薄れて仕舞う気がするので、水気は食塩無添加のトマトドリンクだ。
ドリンク初め以来もスタチンは飲んでいませんが、コレステロールは円滑プライスを保っています。70近くなるのにおスキンツルツルで、私もねたましいほどだ。
因みに、私もココナツオイルといったドリンク飲んでいます。元々カラダでしたが、こういう2つを通してから便秘が治りました。こちら